2015年8月


中古バイク査定

バイクをそろそろ乗り換えようと考えていたときには様々気になることがあるのですが、お持ちの車が中古車として購入した物であった場合、果たして売却することはできるのでしょうか。バイクの査定,相場,評判に興味がある方はこちら

まず国産のバイクの場合はそう滅多なことでは壊れないほど頑強なつくりになっていることはよく知られており、例えばホンダのカブであれば数階建ての屋上から落としてタイヤがつぶれてもエンジンが掛かるなど非常に耐久性があることから世界的にも高い評価を得ています。
しかしただでさえご自身で購入する前に誰かが乗っていた車体となるとあちこちに汚れや傷などが付いてしまいますし、中古だと知られてしまえばそれだけで安く見積もられるのではないかと心配になります。

ただここで一つポイントになるのは、排気量251cc以上である場合には車検が必要になりますので運輸支局で検査記録事項等証明書を取得することによりワンオーナーか否かがすぐに分かるのですが、それ以下の排気量の場合は過去にさかのぼり所有者の履歴を調べることはできませんので、中古バイクであるか否かは買取店側が調べることは無いのです。
そのためワンオーナーではない中古バイクであっても査定を受けて売却することは可能なのですが、ここで問題となるのは履歴の部分ではなく車体の状態がどうであるか、また走行距離がどれくらいになっているかという点なのです。

前オーナーがいたとなれば初年度の新規登録から時間が経過していますので様々な部位で頑固な汚れが付いていたり塗装がはがれてしまっていることもありますし、また走行距離もかなり延びている可能性が高くなるのです。
車体の傷みに対してはあらかじめ修理に出したり、またはご自身の手でケアをするということもできるのですが、やはり古いバイクとなると査定はシビアになり価値はぐんと下がることになりますので、あまり期待をすることはできないといえます。
そうしたことから中古バイクは普段使用するときからできるだけ丁寧に取り扱い、定期的なメンテナンスを受けるなど状態を維持させてきたるべき査定に備えておくことが重要になります。